エネ管22年 Ⅰ管理法規 問2(2)【エネルギー白書】

エネルギー管理士 過去問 エネルギー白書

問2

 次の各文章の1~9の中に入れるべき最も適切な字句等をそれぞれの解答群から選び、その記号を答えよ。また、[A|a.b×10c]に当てはまる数値を計算し、その結果を答えよ。ただし、解答は解答すべき数値の最小位の一つ下の位で四捨五入すること。(配点計50点)

(2)エネルギー白書に関する問題

 経済産業省のエネルギー白書2021によると、我が国の2019年度における最終エネルギー消費では、産業部門と運輸部門の合計で、全体の約[1][%]に達している。一方、エネルギー供給における化石エネルギーの輸入先を見ると、石油は圧倒的に中東に依存しており、サウジアラビアと[2]が大きな割合を占めている。また、天然ガスの輸入先で最も大きな割合を占めているのは[3]であり、次いでマレーシア、カタールの順である。

解答群

(ア)55 (イ)70 (ウ)85

(エ)アラブ首長国連邦(オ)オーストラリア
(カ)クウェート   (キ)バーレーン
(ク)米国

解答

[1](イ)70[%]

[2](エ)アラブ首長国連邦

[3](オ)オーストラリア

[1]最終エネルギー消費の割合

 経済産業省のエネルギー白書2021より、2019年度の産業部門と運輸部門のエネルギー消費量の合計は69.3%である。よって、70%が正解である。

部門エネルギー消費割合(2019年度)
産業46.1%
運輸23.2%
家庭14.1%
業務その他16.6%
[2]化石エネルギーの輸入先

 経済産業省のエネルギー白書2021より、2019年度の化石燃料の輸入割合はサウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタールの順である。アメリカは産油国であるが、自国の消費量が多いため、輸出は少ない。ロシアの順位は、ウクライナ戦争により現在は大幅に低下していると考えられる。

輸入先輸入割合(2019年度)
サウジアラビア34.1%
アラブ首長国連邦32.7%
カタール9.3%
クウェート8.9%
ロシア4.8%
その他10.7%
[3]天然ガスの輸入先

 経済産業省のエネルギー白書2021より、2019年度の化石燃料の輸入割合はオーストラリア、マレーシア、ロシアの順である。オーストラリアの割合が非常に大きい事を覚えておこう。

輸入先輸入割合(2019年度)
オーストラリア39.2%
マレーシア13.0%
ロシア8.3%
ブルネイ5.6%
アメリカ5.4%
その他28.5%

コメント

タイトルとURLをコピーしました