エネルギー管理士 オススメ勉強法

エネルギー管理士 オススメ勉強方法

勉強時間を決めよう

 これまでの知識や経験によって勉強時間が変わってきます。エネルギー管理士は電験2.5種とも呼ばれており、電験取得者であれば短い勉強時間で合格することができます。

 まずは、過去問を手に取ってみましょう。難しいと感じれば、勉強時間を長くとる必要があります。下記は勉強時間の目安です。

自分の経験勉強時間
電験三種を取得済み50~150時間
大学は電気系学科を選考200~300時間
数学と物理が得意200~300時間
上記以外300~500時間

勉強の計画を建てよう

 1か月単位で勉強期間と内容を決めていきます。私のオススメ勉強計画はこちらです。はじめは1週間で1年分という目標で勉強すると良いでしょう。1週間単位で計画を建てるのがオススメです。やってみて難しければ、1年分/2週間でも良いので、自分にあった勉強計画で進めましょう。1日10分でも良いので、毎日勉強する。勉強を習慣づける事が一番重要です。

スケジュールポイント勉強内容教材
1ヶ月目基礎力を高める過去問 1年分/1週間過去問、YouTube、ブログ
2ヶ月目基礎力を高める過去問 1年分/1週間過去問、YouTube、ブログ
3ヶ月目問題に慣れる過去問 2年分/1週間過去問
4ヶ月目ラストスパート過去問 3年分/1週間過去問

勉強方法

 合格点は60点なので、完璧にする必要はありません。実力と暗記、勘で合格点を目指しましょう。60点という点数は学校のテストでいったら、めちゃくちゃ出来の悪い点数です。地道に勉強することで確実に合格できるでしょう。

項目点数ひとり言
実力35点これだけは頑張ろう
暗記10点よく分からない問題は答えを暗記しよう
15点適当にマークしても、これくらいはとれる
合計60点実力と勘で45点とれれば合格できる!

 勉強方法は色々あります。大切なのは自分にあった勉強方法を見つけることです。継続できる、実力アップした感覚がある事が大切です。

自力/他力教材オススメ度ひとり言
自力過去問★★★★★これは必須
自力参考書☆☆★★★買ってもあまり読まない
自力YouTube★★★★★難しい計算問題はYouTubeを見るべし
自力WEBサイト☆☆☆☆★エネルギー管理士のコンテンツが少ない
他力通信講座☆☆☆★★自力で勉強するのが苦手な人にはオススメ
他力講習会☆☆☆★★自力で勉強するのが苦手な人にはオススメ

過去問

 過去問は絶対に購入して下さい。10年以上の過去問を購入すると良いでしょう。10年分観ると類似問題が数多く出題される事がわかります。過去問を3周もすれば、合格点にかなり近づくと思います。最近は電子書籍kindleの教材もあり、私はkindleをオススメしてます。

  1. 「いつでも、どこでも」スマホで読める
    隙間時間を最大限活用
  2. 軽い
    重たい本を持ち歩かなくて済む

参考書

 参考書は過去問の解説が分からないときに見る程度で考えて下さい。数学や物理が高校レベルの知識ある人は、参考書を買う必要ないです。知識が無い人でも、今はインターネットで検索すると、何でも解説あるので、わざわざ高額な参考書を買う必要無いです。

 ただ、どうしても参考書が欲しい人は、こちらを購入するといいでしょう。エネルギー管理士は参考書自体が少ないです。

YouTube

 専門分野の計算問題は、難しく途中で投げ出してしまう人も多いと思います。そんな専門分野の計算もYouTubeで解説されています。分かりやすい解説なので、数回視聴すると、理解できるようになります。YouTubeを最大限活用するためにも、私はYouTubeプレミアムへの加入を推奨してます。

  1. 広告がない
    とにかく勉強がはかどります。
  2. オフライン再生
    スマホにダウンロードしておけば、通勤通学中に音声を聞いて勉強することができます。

 デメリットは、娯楽系のコンテンツも視聴してしまう事です。勉強に集中してきましょう。

Webサイト

 エネルギー管理士の試験問題解説は、Google検索しても、あまりヒットしないです。電験に比べると非常に少ないです。分かりやすいコンテンツも少ないです。調べても分からないことで、挫折してしまう人も非常に多いと思います。そんな事からこのブログを立ち上げました。このブログがこれからエネルギー管理士を取得しようと思う人の助けになればと思います。

通信講座

 お金はかかりますが、通信教育を利用すれば、限られた時間で効率よく勉強することができます。良質な教材もあるので、専門知識が少ない人にもオススメです。

  1. SAT
    資格教育の大手です。教師の質、教材の質も優れているので一番オススメです。
  2. e-DEN
    e-DENの通信講座では電験の解説でも有名な不動弘幸先生が関わっております。この先生の本はとても分かりやすく私は電験二種勉強の歳にとてもお世話になりました。
  3. JTEX
    ここの特徴は、レポート課題を提出することです。提出物があると、やらないと、という意識が芽生えてくるので、勉強を継続するのに良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました