エネ管22年 Ⅰ管理法規 問1(1)【法の目的】

エネルギー管理士 過去問 法律の目的

問1

 次の各文章は、「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」及びそれに関連した命令について述べたものである。ここで、法令は令和4年4月1日時点で施行されているものである。これらの文章において、

  • エネルギーの使用の合理化等に関する法律を『法』
  • エネルギーの使用の合理化等に関する法律施行令(政令)を『令』
  • エネルギーの使用の合理化等に関する法律施行規則(経済産業省令)を『則』
  • エネルギーの使用の合理化等に関する基本方針を『基本方針』

と略記する。

(1)法の目的に関連する事項

 『法』第1条は、『法』の目的について定めている。そこでは「[1]に応じた燃料資源の有効な利用の確保に資するため、(略)エネルギーの使用の合理化等を総合的に進めるために必要な措置等を講ずることとし、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。」と明記されている。

解答群

(ア)エネルギー価格の動向

(イ)化石燃料資源の輸入と貯蔵の状況

(ウ)産業構造の変化

(エ)内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境

解答

(エ)内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境

 日本は、自国の資源が乏しい国家で、大量のエネルギーを海外からの輸入に頼っています。このため、国内および海外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じて燃料資源を有効活用することが、とても大切です。電気需要の平準化も出題されるので、合わせて覚えておきましょう。

エネルギーの使用の合理化等に関する法律 第一章 総則(目的) 第一条

 この法律は、内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた燃料資源の有効な利用の確保に資するため、工場等、輸送、建築物及び機械器具等についてのエネルギーの使用の合理化に関する所要の措置、電気の需要の平準化に関する所要の措置その他エネルギーの使用の合理化等を総合的に進めるために必要な措置等を講ずることとし、もつて国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました