タケちゃん

エネルギー管理士

エネ管22年 Ⅰ管理法規 問3(1)【取り組むべき事項】

『基準部分』の「Ⅰ-1全ての事業者が取り組むべき事項」では、エネルギーを使用して事業を行う全ての事業者が取り組むべき事項として、次の8項目が定められている。事業者は設置している工場等全体を俯ふ瞰かんし、これらの取組を行うことにより、適切なエネルギー管理を行うことが求められている。
エネルギー管理士

エネ管 過去問 2022年度(令和4年)

エネルギー管理士の令和4年の過去問です。効率良く勉強できるよう問題ごとに分けて記載。
エネルギー管理士

エネ管22年 Ⅰ管理法規 問2(3)【メタネーション】

脱炭素技術の一つとして最近メタネーションが注目されている。この技術は、さまざまな排出源から回収した二酸化炭素に水素を触媒反応させてメタン(CH4)を合成するもので、このメタンは、既存の天然ガスのインフラストラクチャーを活用して輸送・ 貯蔵・利用できる。
エネルギー管理士

エネ管22年 Ⅰ管理法規 問2(2)【エネルギー白書】

経済産業省のエネルギー白書2021によると、我が国の2019年度における最終エネルギー消費では、産業部門と運輸部門の合計で、全体の約[1][%]に達している。一方、エネルギー供給における化石エネルギーの輸入先を見ると、石油は圧倒的に中東に依存しており、サウジアラビアと[2]が大きな割合を占めている。
エネルギー管理士

エネ管22年 Ⅰ管理法規 問2(1)【国際単位系】

国際単位系(SI)では、長さ(メートル[m])、質量(キログラム[kg])、時間(秒[s])、電流(アンペア[A])、熱力学温度(ケルビン[K])、光度(カンデラ[cd])及び物質量(モル[mol])の7つを基本単位としている。
エネルギー管理士

エネルギー管理士 オススメ勉強法

勉強時間を決めよう。これまでの知識や経験によって勉強時間が変わってきます。エネルギー管理士は電験2.5種とも呼ばれており、電験取得者であれば短い勉強時間で合格することができます。まずは、過去問を手に取ってみましょう。難しいと感じれば、勉強時間を長くとる必要があります。下記は勉強時間の目安です。
エネルギー管理士

エネルギー管理士 試験の概要

エネルギー管理士とは、エネルギーの使用や消費に関する知識や技術を有し、企業や公共施設などでエネルギー管理業務を担当する専門家のことを指します。エネルギー使用量の把握や削減策の提案、省エネルギー設備の導入、エネルギー利用に関する情報提供など、様々な業務を行います。
エネルギー管理士

エネ管22年 Ⅰ共通 問1(5)【エネルギー使用の合理化】

『法』第17条は、エネルギーの使用の合理化に関する計画に係る指示及び命令についての規定であり、主務大臣は、特定事業者のエネルギーの使用の合理化の状況が判断の基準となるべき事項に照らして著しく不十分であると認めるときは、その判断の根拠を示して、当該特定事業者に対して合理化計画を作成し、これを提出すべき旨の指示をすることができる、としている。
エネルギー管理士

エネ管22年 Ⅰ管理法規 問1(4)【定期の報告】

『法』第16条及び関連する『則』は、定期の報告について規定しており、毎年度7月末日までに行うことが義務付けられている。次の1~4のうち、それらの規定に基づいて適切なものは[1]である。
エネルギー管理士

エネ管22年 Ⅰ管理法規 問1(3)【エネルギー管理指定工場】

前年度に使用した、法令で定めるエネルギーの使用量を原油の数量に換算した量は、化学工場では[A]キロリットル、本社事務所では[B]キロリットルである。この事業者のエネルギー使用量は、化学工場と本社事務所のエネルギー使用量の合計である。
タイトルとURLをコピーしました